価値成長デザイン~デザイン塾こぼれ話

万年筆IMG_1429
持ち主に合わせて書き味もチェンジ!

長年、車の製品開発に携わってきた松岡教授。悩みは、製品はどれも、発売されたときが価値がいちばん高くて、年月を経るほどに価値は下がっていってしまうこと。使えば使うほど価値が高まるものはないのかな。たとえば、万年筆。使えば使うほどに手になじみ、持ち主の書き方に合わせてペン先が削れて、書きやすくなる。愛着も深まる。これからはこんなふうに、使えば使うほど「価値が成長する」モノづくりがカギになっていくんだって。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中