月の影を想う

忙しい、忙しい。人間は毎日自分のことで精一杯。でも、と松岡教授は言うんだ。目には見えない、人の気持ちや痛みにも心を配れるようになりたいって。たとえば夜、空に美しく輝く月がある。そのとき、明るい月の影にある、暗くて見えない部分にも想いをはせるっていうこと。そんなふうに、人が心に秘めた思いや切なさも、汲み取ることができるようになれたら素敵だね。

IMG_1870ブタペストの教会
ブダペストの月光、マーチャーシュ聖堂そばの「漁夫の砦」にて。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中