神様のまなざし

若いころ、松岡教授はギリシャで一枚の絵画に出会った。

その絵には、神と人間が一緒に描かれていた。神々のまなざしは、まるで遥か遠くを眺めているようなたたずまい。一方、人間の目元はじっと近くを見ているようだ。そう感じたとき教授は、あっそうか、と思った。遠くと近く、両方の視野を持ち続けなきゃいけないって。それは教授が勤め始めて数年経ったころのこと。煩雑な日々に追われて、つい目先のことにばかり意識が向いている自分に気が付いたんだ。

毎日慌ただしくすごしていると、どうしても直近の課題に時間や労力をとられて、余裕がなくなるよね。でも今日明日のことばかりでなくて、常に先々のヴィジョンを意識することも大切なんだ。身近な目標と、ずっと遠くの山頂、いつも遠近二つの視野を持ち続けるように心がけるといいんじゃないかな。

IMG_0282ギリシャ、クレタ島の夜明け
ギリシャ、クレタ島の夜明け。

 

広告

神様のまなざし” への1件のフィードバック

  1. 仕事9割、プライベート1割。ここ何年かの私の生活です。毎日があっという間で、もっと時間が欲しいと思いながら過ごしております。忙しくなると、どうしても目先の事しか考えられなくなってしまいます。あれもこれも目の前の事ばかり。まずは、遠く先の事も考えられる余裕を作れるように頑張ります。両方持ち続けてこそ神業ですよね。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中