価値観にはイナーシャがある

イナーシャとは慣性、つまり止まっているものは止まり続けよう、動いているものは動き続けようとする物理的な特性のこと。物理学の用語だけど、これって人間の性質にも当てはまるんじゃないかな、って松岡教授は言うんだ。組織や人間は急には変われない、一度身についた思想や行動様式からは、なかなか抜け出せない。そういう経験、みんなにもあるんじゃない?

現代社会では、とかく「変化」=「進化」、と見なす傾向があるけれど。現在の状態を持続しようとする性質も、そう悪いもんじゃないって教授は言ってたよ。慣性がある、つまりルールがしっかりしていると、組織は安定するし、信頼性も増す。それにコロコロと考えが変わっている人がいたら、そんな人間は信用できないもんね。人の価値観なんてそんなに簡単に変えることはできないし、何度言っても変わらない人もいる。でも、それでいい。それが、いい。ブレないことって、ちょっといい感じだよね。

IMG_1588韓国みょんどん
韓国、明洞の雑踏。
広告

「足るを知る」ってこと

巨大交通システムやコンピュータネットワーク、原子力やAIなど、人間の生活はどんどん便利に発展してきたよね。でも、と松岡教授は言うんだ。人間、今こそ「足るを知る」ことも大事なんじゃないかなって。

IMG_1211.クロアチアのビーチサイドjpg
クロアチアのホテルからアドリア海を臨む。

欲望は創造を生む。でも、創造は不安も生むんだ。物があふれ、満ち足りた時代だからこそ、「足るを知る」謙虚な心が大事なのかもしれないね。モノをデザインするときも同じ。「もっと」「まだ足りない」と際限なく追求するのではなくて、欲望と安心の狭間で考えることを、大切にしなきゃいけないよね。今より多く今より高く、と欲するばかりではなく、今の幸せをもう一度見つめ直し、それに感謝する心を大事に思うこと。それが、創造にもいい栄養素になるんじゃないかって、教授は言ってたよ。