満員電車

人間は毎朝、大変だね。松岡教授も、満員電車は苦手らしい。でも、そんなとき、身動きできずに他人と密着してすごすとき、教授はよくこんな想像をするんだって。

「僕はもう、死んでいる。でも、なぜか今生まれ返って、もう一度この世に戻ってきている。たった一週間だけ許された命だけど…」。

…そんなことを想像すると、目に映るすべてのことが新鮮に思えて。電車の中で僕にもたれかかってくるオジサンも、窮屈な中で無理やりゲームする若者も、みんなみんな愛おしくなってきて。「ああ、この一週間、大切にして頑張ろう」って自然に思えるんだって。教授の想像って、不思議だね。

IMG_0264ケルンの橋錠前
南京錠がびっしりとかけられた、ケルンのホーエンツォレルン橋。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中