「完全」と「不完全」のあいだ

完全と不完全。または、完成と未完成。

新しいものをデザインするとき、いつもこの二つの境界線がわからない、判断が難しい。松岡教授はそう言うんだ。これで完成って言えるのか、それともまだOKを出してはいけないのか…、新しい製品を生み出す新しい体験であるからこそ、その判断に悩むんだ。でもね、その悩みこそがまた、デザインの醍醐味でもあるんだって言ってたよ。産みの苦しみって、創造の喜びと背中合わせなのかもしれないね。

デュッセルドルフ、ケーニヒスアレーの運河。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中