金曜の夜

松岡教授は若いころ、金曜の夜が嬉しかった。やったぁ週末だ、仕事から解放される!…ではなく、これで好きなだけ仕事に集中できる、リカバリーできる! そんなふうに思って、土日は存分に研究に打ち込んでいたんだって。

でも日曜の夕方、教授はまた思うんだ。窓の外に落ちた夕陽の長い影を見ると、あぁ、もうこんな時間か、たいして進まなかったなぁ…って。それくらいやりたい仕事がたくさんあったし、没頭していた。でも、なかなかはかどらないし、終わりが見えないんだって。勉強や仕事って、やればやるだけ課題が出てくる。そういうものなのかなぁ。

機上から見た夕陽。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中