待ってるだけじゃ「時代」はこない?

気ままに生きる僕たち猫と違って、人間って先のことを考えて心配したり、不安になったりするみたいだね。あるとき松岡教授宛に、広告代理店で働く教え子・A君からメールがきたんだ。「先生、これからの未来ってどうなると思いますか?」って。A君はマーケティングの仕事のことで悩んでいたらしいよ。

「う~ん…“未来がどうなるか”じゃなくて、“どんな未来を創るか”を大切に考えてみたらどうかなぁ?」、教授はそんなふうに答えたみたい。データを分析して、先を予測するのもある程度必要だけど、大切なのは、どんな未来にしたいかという未来観を持つこと。そして、そのために今自分が何をなすべきか。そんな気持ちでやっていったら面白いのかもしれないねって。「カッコつけて言うとね、時代を待つんじゃなくて、時代を呼ぶんだ!」って、照れ笑いして言ってたよ。そっか~、僕の憧れのあの仔猫ちゃんも、待ってても来てくれないなぁ。今から彼女のとこに出かけてこようっと。

IMG_1277 2.バレンシアの朝jpg
スペイン、バレンシアの朝日。